2017年05月18日

ステンド折り染めがしたい!!(墨染め練習中)

ここ数日「ステンド折り染め」がしたくてひたすら教材研究。
ステンド折り染めって何ぞやという方が多いと思うのでこちらです↓
DSCF4196.JPG
これは,昔研修会で作成したものです。
この時の研修会では,墨染め(黒い部分)があらかじめしてあるものに,色を付けるという流れだったので墨染めに関しては詳しく聴くことができなかったんですよね…。ということで自力で本等で調べて墨染めを試行錯誤しています。

とりあえずやってみた。
DSCF4199.JPG

DSCF4198.JPG

DSCF4200.JPG

うーん…まぁ悪くはないんだけどお手本通りとはいかない。染め方によって1枚1枚違うのが折り染めの魅力だということは重々承知の上ですが,もうちょっとメリハリのある模様にしたいなぁ。

バイスばさみなるものを使うといいらしいという情報をゲットしたので,さっそく試してみました。
このごっつい道具で折った紙を挟みます。挟んだ部分は染まらず白く残ります。DSCF4210.JPG

この道具を使って染めたものがこちら。
DSCF4208.JPG

DSCF4207.JPG

DSCF4209.JPG

お,なんかいいかんじ。
明日はこれに着色をしてみようと思います♪デキルカナー…
↓1日1クリックのご協力をお願いします!


posted by みさき先生 at 01:18| 鹿児島 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

子どもたちがオリジナルのパタリンチョウを作ってくれたよ!

以前,磁石で動くパタリンチョウの紹介をしました。
パタリンチョウ作り方K.jpg


紹介記事はこちら↓
[ものづくり]パタリンチョウシリーズその@ アサギマダラ(型紙&作り方)
[ものづくり]パタリンチョウシリーズそのA ツバベニチョウ (型紙)

この記事を見てくれた子どもたちがパタリンチョウ作りに挑戦してくれました。そして,その子どもたちが作ったパタリンチョウを見てオリジナルのパタリンチョウを作ってみてくれた子どもたちもいました。嬉しいなぁ。

そんな素敵な作品をご紹介!

@羽がステキなチョウですね!チョウの羽の形もハサミを上手に使ってこだわっていますね!
子どもの作品1.JPG

Aなんとトンボ!パタリントンボですね〜。羽の模様も細かく描きこまれていてすごい!図鑑でしっかり調べているところもいいですね〜!
子どもの作品2.JPG

是非,作品を作ったよ〜というお友だちはまた教えてくださいね!

↓1日1クリックのご協力をお願いします!



―・―・―・―・―・―・―


最近クラッシックをよく聴きます。
今はドビュッシーがマイブームです。
辻井伸行さんのドビュッシーを毎日聴きながら通勤しています。
2つのアラベスクがオススメです!キラキラしている感じが好き〜。
辻井伸行さんは映画「はやぶさ遥かなる帰還」のメインテーマを作曲・演奏されています。そこから大好きになったピアニストです。この曲も今でも良く聴く曲の一つです。小惑星探査機はやぶさの長く壮大な旅路を思い出しながら聴いてます。

流れている曲を検索するアプリをスマホに入れているのですが,ピアノ曲ををスマホに聴かせると同じ曲なのに演奏者の違いをしっかり判別してくれることに驚きました。便利だな〜。
posted by みさき先生 at 19:07| 鹿児島 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

[実験]風船と本を同時に落とすには?&パタリンチョウのお礼

今日は、「みさき先生からの挑戦状」ということで、クイズを出したいと思います。

ここに風船と、本があります。
2011-06-19T12-59-04-1-thumbnail2.jpg

風船と本を同時に落とすと、風船はゆっくりと落ち、本は速く落ちます。

さて、この風船と本を同じ高さから床に落とします。風船と本が同時に床に着地するにはどのようするとよいでしょうか。考えてみましょう。

※実験を行うときには、床にタオルなどの柔らかいものを置いてください。本のダメージ軽減ためにも、防音のためにもなります。

《動画》
※むかしむか〜しに壊れかけた携帯で撮っている動画なので画質がものっすごくひどいです!ご了承ください!


↓1日1クリックのご協力をお願いします!



―・―・―・―・―・―


このブログを見てくれている子供さんが「パタリンチョウ」を作ってくれたみたいです。
羽が動かないということだったので,少しだけアドバイスを送りました。
試行錯誤して羽がちゃんと動いたみたい。

「失敗は成功の元」という言葉がありますが,
失敗もこうしたらこうなったという結果のうちの一つであり,
求める結果(成功)への道のりの一つだと思います。

ただ,失敗を失敗としてそのまま放置してしまうと完全な失敗になってしまい,
そこから何も生まれません。

失敗を次にどう生かすかがとっても大事です。

動かない,つまんないや〜…ではなく,
羽が動かないのはなぜだろう?どうすれば動くのかな?
と一生懸命考えてくれたということが私はとっても嬉しかったです。

お礼の手紙が届きました!ありがとうございます!私の宝物にしますね♪

同じように羽が動かない人もいるかもしれないので,後日詳しく記事にまとめておきます。
※ついでに,私も最初に作った時に全く同じような感じで羽が動かなくて悩みました!
posted by みさき先生 at 22:12| 鹿児島 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする