2017年02月28日

[実験]ティッシュで逆さコップ!?〜大気圧実験〜(動画)

連日実験投稿ばかりでスミマセン!
この記事で大気圧実験はひと段落しますのでもうしばらくお付き合いください。

関連過去記事↓
[実験]コップと水と板で大気圧実験その1(動画)
[実験]コップと水と板で大気圧実験その2(動画)
[実験]コップと水と板で大気圧実験その3
[実験]コップと水と板で大気圧実験その4〜逆さコップの作り方〜

前回,水きりネットをつけたプラコップに水を注ぎコップを逆さまにすると,大気圧と水の表面張力で水が零れ落ちないという実験を紹介しました。


今回は,水きりネットのかわりに,水を注いだコップにティッシュをかぶせ逆さまにしてみました。さてどうなるでしょう?



実はこれも水がこぼれません。ふっしぎ〜!ティッシュって意外と丈夫なんですね!
ティッシュで実験することで,大気圧がかかっている様子がとてもよく観察できます。簡単にできるので是非実験してみてくださいねー!

↓1日1クリックのご協力をお願いします!





―・―・―・―・―・―・―


今,特別支援教育で使える教材を作っています。
タブレットで使用できる授業見通し表です。TVに映すことで学級全体の児童が見通しをもって学習に取り込むことができます。
キャプチャ.JPG
今,誰でもすぐに活用できるように解説書を作成していて,その作業に追われています。公開までしばらくお待ちください。

〜怪しい実験写真〜
IMG_0913.JPG

IMG_0920.JPG
posted by みさき先生 at 05:00| 鹿児島 ☀| 実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

[実験]コップと水と板で大気圧実験その4〜逆さコップの作り方〜

関連過去記事↓
[実験]コップと水と板で大気圧実験その1(動画)
[実験]コップと水と板で大気圧実験その2(動画)
[実験]コップと水と板で大気圧実験その3

実験道具の作り方を紹介します。
どんな実験か,どんな実験道具かは過去記事をご覧ください。

★逆さコップの作り方★
[実物写真]
逆さコップ.jpg
今回作るのは右側の方です。左はコップそのままなので作る必要もなしということでw

[準備するもの]
・プラカップ(私はハードタイプを使用)
・台所用水きりネット
・スチレンボード(水が防げたらなんでも良い。ショーで使用することもあり私はスチレンボードを使用。よく葉書で実験しているものが紹介されるしね!)
・輪ゴム
・ビニールテープ
・はさみ
・カッター
14881001293696.jpg

14881001297331.jpg

14881001296960.jpg

[作り方]
@水きりネットをプラコップにかぶせることができるサイズにカットする。
14881001294427.jpg

A水きりネットをかぶせ,輪ゴムで固定する。水きりネットがぴんと張った状態になるように引っ張って調整する。
14881001289810.jpg

B水きりネットをビニールテープで固定する。
14881001290493.jpg

Cコップの縁ギリギリにビニールテープを巻く。なお,これは水きりネットが横から見えないようにするために縁を隠しています。見せる相手を驚かせる工夫ですねー。
14881001293234.jpg

Dスチレンボードをコップの大きさに合わせてカットする。
14881001290021.jpg

完成!
DSCF3415.JPG

[実験動画]


[注意]
・実験は水がこぼれても大丈夫な場所や準備で行いましょう!


実験を楽しんでくださいね!!!


↓1日1クリックのご協力をお願いします!






―・―・―・―・―・―・―


あくまで予定!今後の更新予定。くれぐれも予定は所詮予定だよ!!学年末だしね!!
・[実験]真空状態での逆さコップ
・[実験]コップと水とティッシュで大気圧実験
・[特別支援関係]授業で大活躍!?タブレット用見通し確認表


思い出アルバム
市政番組キャプチャ2.png
鹿児島市の市政番組でスプーン曲げてた。たしかスプーン曲げ3種類くらい披露したと思う!この時期1ケ月でテレビや新聞,ラジオを6取材ぐらい受けた時期。ひたすらスプーン曲げてた時期。学生時代から試行錯誤やら見せ方の練習やらをしててようやくショーで見せられる程度になったんだよね。

しばらく曲げてないので,腕が落ちてそう…。久々に曲げよう。
posted by みさき先生 at 07:18| 鹿児島 ☁| 実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

[実験]コップと水と板で大気圧実験その3

昨日の続きですよー!
はじめましての方はこちらから先に読んでねー。
関連過去記事↓
[実験]コップと水と板で大気圧実験その1(動画)
[実験]コップと水と板で大気圧実験その2(動画)

さてさて,動画のおさらい。
[動画その1]


[動画その2]


水を注いだコップに板でふたをして逆さまにし,板を支えていた手を離すと水はこぼれませんでした。ここまではその1の記事で解説済み。大気圧の仕業でしたね。
問題はそのあと。その1の動画では板を外すと水がこぼれていたのですがその2の動画では板を外しても水がこぼれません。コップを傾けると水がこぼれました。

どうしてこのようなことが起こったのでしょう?




実は,このコップには仕掛けがしてあります。
逆さコップ.jpg
左がその1で右がその2。その2のコップには網が貼ってあります。

水には「表面張力」が働いています。
水は水分子の集まりでできています。水分子はお互いに引ひっ張ぱりあっていて,とくに水の表面では強く内側に引ひっ張ぱりあい,表面積をできるだけ小さくしようとしています。この力を表面張力といいます。水滴が丸くなるのも,コップになみなみと注いだ水が盛り上がるのも表面張力が働いているからです。

水が網を通る時,水の表面張力で境界面は曲面を作ってこぼれようとする力に対抗しようとします。さらに水には大気圧の力もかかっているので,この2つの力により水がこぼれなくなるのです。

明日はこの逆さコップの作り方も紹介しますね!

↓1日1クリックのご協力をお願いします!





―・―・―・―・―・―


思い出アルバム
DSCF0442.JPG
↑スプーン曲げするとこー。
posted by みさき先生 at 21:49| 鹿児島 ☁| 実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする