2017年01月30日

[サイエンスショー]サイエンスショー用の巨大空気砲 今昔

サイエンスショーの定番「空気砲」の実験。
今までサイエンスショー用に巨大空気砲を数々製作してきました。

一番長い期間相棒を務めた空気砲はこちら。
P1090387.JPG
写真一番右の空気砲です。2年間相棒を務めました。私がショーで使う空気砲は長持ちするために補強を施してあります。(補強方法→長持ちする空気砲の作り方(サイエンスショー用に)

途中でもっと大きな空気砲を作りたい!と色々作って浮気もしましたが,結局この空気砲に戻ってきてました。使えば使うほど愛着もわくし,いいかんじにたわんで空気が出しやすいんですよね。

空気砲を大きくするとある問題にぶち当たります!
側面に手が届かないよ問題!!
欲張って大きくすると,手をめいいっぱい広げても空気砲の側面を叩くことができないんですよね…。作った後にそのことに気が付いてショックだったなぁ。

その問題を解決しようと思って昔作った巨大空気砲がこちら。
段ボール巨大空気砲.jpg

段ボール巨大空気砲2.jpg

側面が叩けないなら,他の場所を押せばいいじゃない!ということで,空気砲の後ろをくりぬいてビニール袋をつけました。ビニール袋の部分を押し込むことで空気を押し出します。渦輪はしっかり観察できたと思いますが結局ショーでは使いませんでした。当時の私は,結局側面を叩きたいという思いが強かったのでしょう。あと,ビニールの部分の補強が甘かったというところもあったように記憶しています。使い勝手も悪かったです。もう少し改良したら使いやすくなるのかな。

結論 作るときには側面が叩けるかどうか確認して大きさ決定をしましょう!(笑)

現在は巨大空気砲は既成品の折りたたみ式空気砲を使っています。
折りたたみ空気砲.jpg

折りたたみ空気砲2.jpg

出前のサイエンスショーをするには段ボールのものだと私の小さな軽自動車には乗り切らないんですよね。
こちらは側面を叩くタイプではなく,後ろを押し込むタイプとなっていますけどね!とても大きな渦輪がきれいに出ます。2階席があるような広いステージでも観客席の後ろまで届いてました。これを使ってショーをしている人も多いですよ〜。

個人で楽しむ分には普通サイズの段ボールでお気軽に作って遊んでください!

↓1日1クリックのご協力をお願いします!







―・―・―・―・―・―


[思い出アルバム]
2013年1月30日の重富海岸
2013.1.30重富海岸.jpg
posted by みさき先生 at 22:39| 鹿児島 ☀| サイエンスショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

私はよく鉛筆をカッターで削ります。

私はよく,鉛筆をカッターで削ります。

小学生の頃に鉛筆削りで鉛筆を削っていると,両親から『昔はそんな便利なものがなかったからカッターで削っていたよ。』と言われ,じゃあ私もやってみようとすごく練習した記憶があります。

最初はなかなか上手くできず,どんどん鉛筆が小さくなっちゃいましたが,自分で削ったという達成感がとても大きく,友だちや先生にすごく自慢したような記憶があります。

科学館勤務の頃,私が工作ブースでいつものように鉛筆を削っていると,『みさき先生,すごーい!カッターで鉛筆が削れるんですね!』『どうしてカッターで削っているのに先がそんなに尖るの!?』と尊敬の眼差しが注がれました。今は電動の差し込むだけで鉛筆が削れちゃう機械で削る子どもがほとんどですものね。よほど珍しい光景だったのだと思います。

最近は安全面な配慮からなかなか子どもたちがカッターを使う機会がないようです。はさみでさえあまり使う機会がないと聞きます。

刃物の扱いは、やはり経験の量がものを言うと思います。子どもといっしょに工作をしていると経験をしている子どもとしていない子どもではやはり差があるように思います。幼児でも上手な子はものすごく上手だし,小学校高学年でもなかなかうまくできない子どももいます。

安全のために刃物を使わせないのではなく,安全のために正しい刃物の使い方を学んで欲しいなと思います。

そして刃物を使って自分の手でいろいろなものを作り出す喜びを感じて欲しいです。

ぜひご家庭でまずはハサミの使い方からチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

↓1日1クリックのご協力をお願いします!





―・―・―・―・―・―


うちの学校ではよくグループ分けをするときに「はっぴー」と「すまいる」の2つのグループに分けて活動してます。運動会だったり,グループマッチだったり。そのときに使うチームのロゴを数年前に描いて今も使われています。データ―共有がてらアップしときます。

スマイル文字入りA3.png

ハッピー文字入りA32.png

スマイル文字なしA3.png

はっぴー文字なしA32.png
posted by みさき先生 at 16:36| 鹿児島 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

[実験]ハーブティーで色変わりを楽しもう♪(pH指示薬)

イラストネタが続いてしまったので科学ネタを!

先日,天文館(鹿児島の繁華街)で飲み会があったのでいつもお世話になっている雑貨屋さんに行きました〜。
コルテーヌ.jpg
照国表参道の「コルテーヌ」さんです。アロマやハーブをたくさん取り扱っていらっしゃる雑貨屋さんです。

私はいつもここで実験に使うマローブルーを購入してます。
マローブルーパッケージ.jpg

他にも可愛い雑貨を取り扱っていらっしゃるので見てるだけでも楽しいです〜。

さてさて,このマローブルーですが花にアントシアニンが含まれているのでpH指示薬の役割を果たします。酸性・アルカリ性で色が変わりますよ。同様にアントシアニンを含むものとして,紫キャベツがよく知られていますね。

せっかく購入したのでマローブルーを使って簡単な実験をしてみました。
※お茶を飲むついでに軽い気持ちで実験したので,正確にpHを測ってません!ご注意を〜。

★マローブルー抽出液の色変化★
[準備したもの]
14855041841761.jpg
・マローブルー
・お茶パック
・レモン汁
・水
・マグカップ

マローブルーはこんなかんじですよー。私的には,「ごはんで●よ」みたいな匂いがする。
14855041841680.jpg

[実験方法]
@マローブルーをお茶パックに詰めます。
マローブルー実験@.jpg

A透明のコップに水を入れ,@を入れ,水出しします。お湯だとすぐに色あせしてしまいます。
マローブルー実験A.jpg
なお,この写真は私愛用のマグカップです!!理化学ガラスのマグカップ♪うふふ〜。

B水出ししたマローブルー抽出液にレモン汁を入れ,色の変化を観察します。
マローブルー実験B.jpg

[結果]
マローブルー抽出液の色変化.png
レモン汁を3滴ずつ入れています。一番右だけが最後にレモン汁を大量に入れたものです。酸が強くなるにつれてピンク色になりました。レモン汁を入れた瞬間にパッと色が変わって楽しかったです。実験後に飲んでみましたが…やっぱりおいしくなかったです。

色々ブレンドすることでおいしくなるみたい。おいしい飲み方を探してみたいな。呼吸器系の症状に効能があるそうなので今の季節にいいかも!

↓1日1クリックのご協力をお願いします!







―・―・―・―・―・―


今日は学校で新成人の集いがありました。
私が初めて担任をした子供たちが成人しました。嬉しいなぁ。すっかり大人の男性,女性に成長した姿に少しうるっとしました。本当に成人おめでとう!
posted by みさき先生 at 22:13| 鹿児島 | 実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする