2013年08月26日

長持ちする空気砲の作り方(サイエンスショー用に)

8月は八重山高原星物語へのブースや学校での出前サイエンスショーなどで空気砲を使う機会が多かったです。

P1130993.JPG

今まで使用していた2年間使った相棒の空気砲は科学館に置いてきてしまったので,今回は新たに作ることに。せっかくなので作り方をご紹介します。

空気砲って,皆さんご存じの通り箱の側面をたたいて使用するのですが,何度も使用していくうちに箱がつぶれてしまって使い捨てになりがちですよね…。空気砲を使い捨てにするのは,環境的にもよろしくないし,なんて言ってもまた作るのが面倒です。なので,空気砲を作るときには簡単につぶれてしまないように補強しつつ,サイエンスショーで使用するので見た目にもきれいに作ります。

[材料・道具]
段ボール(お好きなサイズ),画用紙(段ボールの側面を全て覆うことができる枚数),ビニールテープ,布テープ(お好きな色つき),梱包テープ(透明なテープ),スティックのり(液体のりはNG),円切りカッター(なければコンパスで),カッター
P1130950.JPG

[作り方]
@段ボールを組み立てます。隙間がないように布テープをはります。

P1130951.JPG

A円切りカッターとカッターを使って段ボールに穴を開けます。穴の大きさは,直径が辺の長さに対して1/3くらいになるようにします。

P1130952.JPG

P1130953.JPG

B段ボールの側面に画用紙を貼ります。穴を開けた部分は,特に穴の周りにしっかりのりをつけてください。

P1130955.JPG

P1130954.JPG

P1130957.JPG

C画用紙の上から梱包テープをぐるぐると貼っていきます。5mmほど重ねて隙間がないようにします。段ボールの形崩れを軽減するとともに,ちょっとばかし防水効果も♪

P1130960.JPG

P1130962.JPG

D穴の部分に切れ込みを入れ,穴部分をビニールテープで補強します。

P1130964.JPG

P1130965.JPG

E見た目アップのため,各辺に布テープを貼り,メリハリをつけます。

P1130966.JPG

P1130969.JPG

P1130970.JPG

P1130968.JPG

F最後に,叩く面を足で箱が壊れない程度に思いっきりつぶします。叩く面は蓋があった面(布テープで封をしてある面)が良いです。あえてつぶすことでたわみを作り空気を出しやすくします。

P1130971.JPG

完成!!!!

この作り方で空気砲が最低2年はもちます。(2年以上は確かめていません…w)この2年というのもほぼ毎日使用しているというかんじです。

ぜひ,作ってみてください♪

みさき先生に,応援クリックお願いします黒ハート励みになりますわーい(嬉しい顔)
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村

バーナー

↑クリックするとブログランキングに反映されます。他にも面白いブログが見つかるかもexclamation&question


旧ブログ:みさき先生の『たのしもう!!サイエンス!!』

ホームページ:みさき先生のスマイルサイエンス
posted by みさき先生 at 00:29| 鹿児島 ☁| Comment(2) | ものづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月20日

鹿児島たのしい授業講座にいってきました

先日,「鹿児島たのしい授業講座」に参加してきました。

kasetu.jpg

仮説実験授業という,私の教育の原点でもある授業法の勉強会。
今回は「ゼネコンであそぼう」と「キミ子方式実践講座・初級」と「自由電子が見えたなら」「おりぞめ(応用)」を受講してきました。

ものづくりもたくさん教えてもらいました♪

そしてなんと言っても,楽市楽座のコーナー!!指導書やガリ本,実験道具に,おもしろい科学おもちゃなどなどが,どどんと販売してるんです。これを眺めるだけで私は幸せ・・・♪

楽しそうな教材教具を購入することができました。

話題は変わりまして,とっても素敵な本を見つけました!!
「サイエンスグラフィック素材集」
という科学のデザイン素材がいっぱい!!!!!なんとマニアックな!!!!
hon.jpg
一目惚れして買ってしまいました。

たまにデザイン関連の仕事を頼まれることもあるので,これは買っておかないとと!(←いいわけ…)

眺めてにやにやしています。うーん…しあわせ♪

みさき先生に,応援クリックお願いします黒ハート励みになりますわーい(嬉しい顔)
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村

バーナー

↑クリックするとブログランキングに反映されます。他にも面白いブログが見つかるかもexclamation&question


旧ブログ:みさき先生の『たのしもう!!サイエンス!!』

ホームページ:みさき先生のスマイルサイエンス
posted by みさき先生 at 05:23| 鹿児島 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月14日

手につきにくいスライムの作り方

特別支援学校の感覚遊びの中で使用したスライムについてご紹介します。

スライムは作り方によってはベタベタやヌメヌメになってしまったり,手や服につきやすく思い切り遊べないといった悩みがでたりします。

そんなお悩みを解消すべく,ちょっと一手間加えて手につきにくスライムを作ってみました。
特別支援学校や特別支援学級の感覚遊びにももってこいのスライムです。うちのクラスでも大好評で,子供たちが大好きな遊びのひとつになりました。

足や手に乗せてひんやりした触感を楽しむもよし,ほどよい堅さがあるので型抜きやプリン容器に入れてひっくり返しゼリーっぽいものを作って遊ぶのもよし,伸びていく様子を観察するのもよしで,様々な遊びができます。

ぜひお試しください。

《材料》
・洗濯のり(PVA)(今回は600ml使用)
・ホウ砂
・お好きな色の食紅
・水

《道具》
・大きな器(今回は洗面器を使用)
・ペットボトル(ホウ砂の飽和溶液作成の際に便利)
・計量カップ

P1130187.JPG
 
《作り方》
@ペットボトルに水を入れ,ホウ砂を入れます。ペットボトルのふたを閉め,よく振り,よく溶かします。全て溶けたらホウ砂をさらに追加します。溶け残りがでるまで繰り返し溶かし,ホウ砂の飽和溶液を作ります。
飽和溶液ができたら上澄みの部分を使用するので静置しておきましょう。

A色水を作ります。計量カップに600mlの水を入れ,食紅を入れます。
P1130188.JPG

B大きめの容器に移します。
P1130189.JPG

C計量カップで洗濯のり600mlをはかりとります。
P1130190.JPG

D色水が入った容器に洗濯のり600mlを入れ,よく混ぜます。手でかまいません。
P1130192.JPG

P1130193.JPG

Eよく混ざったら,@で作ったホウ砂の飽和溶液を少しずつ入れていきます。手でかき混ぜながら入れていきます。化学反応を起こして固まっていくので,お好きな堅さになるまでホウ砂の飽和溶液を入れていきます。
P1130194.JPG

このように固まってきます。P1130195.JPG

Fある程度固まったら,固まりきらなかった水を捨てます。このとき固まりが流れないように気をつけてください。
P1130196.JPG

Gきれいな水で固まりを洗います。表面のぬめりや,固まらなかった色水の残りをきれいに流します。水を容器に注ぎ入れ,固まりをつぶし壊すようにして洗います。注ぎ入れた水に食紅の色が出なくなるまで続けます。食紅が表面に残っていると,あそんでいるときに服や手について落ちにくくなります。
P1130198.JPG

Hきれいに洗えたら,容器の水を流します。固まりが小さく分かれている状態だと思うので,ほんの少しの時間静置してください。そうすると,固まりがひとまとまりになって水を流しやすくなります。
P1130200.JPG

I最後に遊び用の別の容器に移します。色も楽しませたいときには白いバットがいいですね。バットに移す際には水を切りながら移してください。
P1130202.JPG

J完成です。
P1130203.JPG

P1130204.JPG

《注意》
・絶対に口に入れないでください!!!!!!!食べれません。ホウ砂は毒性があります。誤って食べてしまった場合は医師に相談してください。
・材料は小さなお子さんが手の届かないところに保管してください。
・必ず保護者の監視下で遊んでください。
・遊び終わったら必ず手を洗います。
・手につきにくいですが,手や服に全くつかないということはありません。

みさき先生に,応援クリックお願いします黒ハート励みになりますわーい(嬉しい顔)
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村

バーナー

↑クリックするとブログランキングに反映されます。他にも面白いブログが見つかるかもexclamation&question


旧ブログ:みさき先生の『たのしもう!!サイエンス!!』

ホームページ:みさき先生のスマイルサイエンス
posted by みさき先生 at 06:25| 鹿児島 🌁| Comment(0) | ものづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする